第14回:出版社へ持ち込みの前に
« 記事一覧へ

第14回:出版社へ持ち込みの前に

By mogura

■持ち込みと投稿の違い■

「持ち込みと投稿と、どちらが良いですか?」と、よく聞かれます。出版社の90%が集中する東京へは、地方在住者は簡単には行けません。ですが、持ち込みのほうがメリットがたくさんあります。

投稿では数多くの投稿作の中で、群を抜いた面白さや個性がないと、なかなか担当が付くことはないですが、持ち込みで作品だけからは解らない才能や感性を認められて、担当についてもらえたというプロは多いです。

対面で得られる情報は意外に多いです。

技術は稚拙だが、素直で好感の持てる性格だったのでアシスタント先でもトラブルを起こすことがなさそうだと思われて、ベテラン作家のアシスタントを紹介された結果、意外な才能を見出されたなんてことも。

編集の側の微妙なニュアンスのアドバイスも、会って話すとすんなり理解できたりと、例え短い時間であっても、直接編集者と会うことで、得られる情報って多いと思います。持ち込み推奨する理由です。

 

■持ち込み先は多様化■

今は、日本各地で出張編集部も数多く開催されており、昔に比べて持ち込みのハードルもずいぶん低くなりました。大阪や名古屋はもちろん、北海道や福岡でも出張編集部は開催されますから、ありがたいです。

とはいえ、中学生や高校生では鹿児島から福岡へ出掛けるだけでも大変です。鹿児島から福岡なら新幹線も通っていますが、宮崎からだと乗り継ぎが必須だったり、離島の人間は東京都民でも大移動です。

東京港から父島まで船で24時間ですから。

持ち込み推奨ではありますが、投稿は無意味とか、そんな極論は言っていません。それぞれが自分の状態や、経済状況に合わせて、最善の方法を選択すれば良いでしょう。そういう賢明さもまた、作家に必要な資質です。

とはいえ、東京都内や関東一都六県の在住者が有利なのは事実ですし、それ以外でも新幹線の最寄り駅がある地域は有利。ぷらっとコダマとか、時間はかかっても比較的安価な移動手段も、ネットで検索すればわかる時代です。

 

■持ち込む前に確認■

では、持ち込み時に気をつけることは何でしょうか? まず、多くの出版社は土日は休日の完全週休二日制が多いので、土日の持ち込みは難しいです。学生とか、平日の持ち込みが難しい人は夏休みなどを利用しましょう。

また、月刊誌だと発売日の1週間前から2週間前は、製作作業で忙しいことが多いので、避けたほうが無難でしょう。逆に、週刊誌は常に忙しいので、そこらへんの配慮はあまり考えなくても良いでしょう。

忙しい時期に運悪く当たると、デメリットがあります。

約束していた編集者が急用で不在とか、約束の時間の半分で切り上げられたとか、よくある話です。不在の場合は代わりの編集者が見てくれることも多いですが、コレも絶対ではありません。

ただし、そうやって代打で出てきた編集者と意気投合して、そのまま担当となってもらって、デビューまでたどり着いた教え子や受講生もいますから、持ち込みはある種の運試しという側面もあります。

 

■持ち込みは運試し■

この、運試しというのは重要です。よほど並外れた実力がない限りは、担当編集者との良き出会いが、作家の未来を決める部分があるのも事実です。でも、相性なんて実際に会って話してみないと、わかりません。

また、出会いのチャンスは多く作るべきです。複数の出版社を回るのも有効ですし、同じ出版社内の他の編集部を回るのも、効率的でしょう。なんなら、持ち込んだ先の編集者に他の編集部を紹介してもらいましょう。

もしそこで、紹介を渋られたら?

あなたに才能があって他の編集部に紹介するのが惜しいか、他の編集部の人間に紹介して「あんな才能のない持ち込み、こっちに押し付けるな」と、文句を言われているのを恐れているか、どちらかでしょう。

会社を出て、ちょっと喫茶店で詳しい話を聞きましょうかと言うか事務的な対処かで、あなたの才能に対する評価も、推測できるでしょう。そういう意味では、持ち込みは残酷な現実も見せつけます。

 

■持ち込みで挫けるな■

今では巨匠となった作家でも、初めての持ち込みのときにボロクソに叩かれて、悔しい思いをした経験を語ることも多いです。編集者と言っても、見る目がある編集者は少数派で、5人に一人と思っておきましょう。

逆に言えば、良い編集者に会うには、5人以上と会って、出会いの確率を高める必要があります。個人的に尊敬する、どおくまん先生のインタビュー記事を、以下にリンクします。投稿者必読です。

どおくまんインタビュー[前編]「プロには絶対負ける気がしない、って思ってた
https://magazine.manba.co.jp/2017/05/22/special-dookuman-interview01/

X編集部がどこか、業界人はだいたい予想ができますが、ここまで酷い編集者は、そんなにいません(ゼロとは言いません。実際、最近も受講生が酷い対応をされた愚痴を、続けざまに聞きましたし)。

また、大手の編集者に名刺をもらって、それで舞い上がってその担当にだけネームを送り続け、気がつくと三十路になって、作家を諦めたなんて投稿者も知っています。少年老い易く学成り難し、です。

 

■持ち込みの電話で確認■

持ち込む編集部を決めたら、自分の大まかなスケジュールを仮決めして、雑誌に掲載されている持ち込みの際の注意書きをよく読み、早すぎず遅すぎずの適切な時間に電話をして、持ち込みの予約をしましょう。

作家は夜型が多く、編集者もそれに合わせて活動してるので、電話をするなら午後2時ぐらいが適切でしょう。午後出社の編集者や、昼食に出ていた編集者も、この時間になら編集部にいる可能性が高いですから。

申し込みの電話では、ハキハキとゆっくり、簡潔に要件を述べましょう。

「○○県在住の✕✕と申します。○月○日に持ち込みをしたいのですが、可能でしょうか?」といった感じで大丈夫です。遠距離からの持ち込みだと判っていれば、持ち込み時間を言えば合わせてくれることが多いです。

担当者の名前と、時間は必ず復唱して、確認すること。受付で担当者を呼び出してもらうことが多いので、忘れると確認に手間取ります。また、14時と言われたのに4時と勘違いしたとか、よくある話です。

※持ち込み当日の心得は、改めて次回に。


この記事を読んだ方にお勧め、「Graphium(グラフィウム)School カレッジコース」受講受付中!


本コラム執筆者の喜多野先生が講師を務める「Graphium Schoolカレッジコース」は、実践を通して力をつけたいという方や、単発での講座を受講したいという方にぴったりのコースです。
MANZEMI作画プロフェッショナルコース漫画ネーム講座とあわせて、ぜひご参加ください。

記事一覧

第15回:出版社へ持ち込みの日に

■早すぎず・遅すぎず■ さて、予約もバッチリ、いよいよ上京して持ち込み当日。編集部に念のために事前の確認電話……は、してもしなくてもかまいません。編集者が不在のことも多いですし、急な予定変更もありますので。 当日は、いきなり出版社に行って、受付があり係がいる大きな出版社なら、編集部と予約した編集者、来訪目的を告げて、指...

第14回:出版社へ持ち込みの前に

■持ち込みと投稿の違い■ 「持ち込みと投稿と、どちらが良いですか?」と、よく聞かれます。出版社の90%が集中する東京へは、地方在住者は簡単には行けません。ですが、持ち込みのほうがメリットがたくさんあります。 投稿では数多くの投稿作の中で、群を抜いた面白さや個性がないと、なかなか担当が付くことはないですが、持ち込みで作品...

第13回:ペンネームの付け方 (3)

■オリジナルなペンネーム■ ペンネームは基本、自分の好きなように付ければ良いと思います。ただ、好きに付けろとなると、迷いが生まれるのもまた事実です。前回の各種パターンが参考になるでしょう。でも、誰にも似ていないペンネームは大事。 オリジナルでペンネームを付けるコツは何か? そんな人に、いくつか参考になるポイントはありま...

第12回:ペンネームの付け方 (2)

■ペンネームのいろいろ■ では、具体的にはペンネームには、どんなパターンがあるでしょうか? 以下に、代表的なパターンをいくつか書き出してみましょう。  ・本名をもじる  ・本名の文字を一部変える  ・他のモノにあやかる  ・ペンネーム自体が洒落  ・まったくのオリジナル 夏目漱石は夏目金之助が本名。名前に中国の故事成語...

第11回:ペンネームの付け方 (1)

■ペンネームは必要なのか?■ ペンネーム、日本語では筆名。投稿者やデビューを決めた人によく相談されるのが「ペンネームは付けるべきか否か?」という点。どちらでも良いと思いますが、自分はできれば付けた方が良い派です。 理由は多種多様です。 原作者の小池一夫先生は本名が俵谷星舟。ペンネームのほうが地味ですね。上條淳士先生は、...

第10回:各種作話メソッド

■優先順位■ ネームが出来ないというタイプの多くは、エンドマークが打てないタイプ。ゆえに、リニア・ネーム・メソッドで勢いで作品の全体像を吐き出すのが有効です。これで、全体の30%ぐらいは、ネームを取りあえず描けるようになります。 次に、話がいつまでも終わらないタイプ。これはラストシーンを先ず作って、そこから逆算して発端...

第09回:リニア・ネーム・メソッド

■主観表現と客観表現■ よく、「手塚治虫が漫画に映画の表現技法を採り入れた」と言われます。具体的に、どんな映画の表現技法を採り入れたかを、解説している漫画研究者を見た記憶はありませんが。それはともかく。 では、なぜ手塚治虫先生は映画の技法を採り入れたのか? その答えを書く前に、このコラムを読んでいる人に質問を。漫画が一...

第08回:原因と結果を探ろう

■適材適所と因果関係■ 前回のコラムを読んで、こう反論する大学や専門学校の講師、編集者も一定数いるでしょう。「プロットやシノプシスを作らせないと、いつまで経ってもネームが終わらない生徒がいるんです」と。 そういう生徒にプロットやシノプシスは本当に有効ですか? 100ページや200ページのネームを書いてなお、話にエンドマ...

第07回:ネーム以前のお話

■プロットとは何か?■ さて、ネームのコマ割りの具体的な技法とかは漫画ネーム講座で有料で教えているので、置いておいて。ネームを作るに当たっての、前段階について。前回まで紹介した方法とは、別のアプローチの方法もあります。 漫画の描き方入門とか、あるいは専門学校や大学の漫画学科で、ネームを描く前にプロットを書くことを奨める...

第06回:ネームは文章力

■実践する意志が大事■ さて、アニメの絵コンテ用紙を使用しても、三段組(三段割)のネーム用紙を使用しても、それ以外の用紙を使ってもかまいませんので、まずは実践が大事。技術は試行錯誤の中で、見つけることがよくあります。 他人に教えてもらった技術や方法論よりも、自分で苦労して発見した技術や方法論のほうが、喜びも大きいです。...

第05回:平均コマ数の話

■ケース・バイ・ケース■ 話が前後しましたが、ネームの描き方についての、具体的なポイントを書いてゆきます。第4回を飛ばして、第3回から続けて読んでいただければ、理解が早いでしょう。 さて、コマ割りに関して。3段割(3段組)のコマ割り用紙を自分は推奨していますが、「漫画は3段割が良いのか4段割が良いのか、どっちですか?」...

第04回:ネームの基本の基本

■片面だけ描くネーム■ 前回、ネームについて具体的に書きましたが、「見開き単位で絶対に描かないといけないのですか?」とか「裏に描いてもいけないんですか?」という質問を、いただきました。 そこから……ですか。OK、了解です。 もし本気で漫画家になろうとか、趣味としても真剣に取り組もう思ったら、調べれば解ることだとは思うの...

第03回:ネーム制作とコマ割り

■コマが割れない人■ さて、3回目にして技術的な話をちょこっとします。どうやったらネームが描けるか、というのはケースバイケースで、簡単には答えられないというのを前提として、よくあるパターンについて。 コマ割りについて第1回で、コマ割りができないアニメーターの話をしました。でもこの人、逆にアニメの絵コンテは作成することが...

第02回:漫画家はスポーツマンと同じ

■数字で考えてみる■ トキワ荘プロジェクトのアンケートでは、プロになった漫画家の33%が100ページ以内の投稿作品の作画量でデビューしています。投稿規定は30ページですから、だいたい3本ぐらい。 プロになる人間は投稿2本目や3本目でデビューする人が3人に1人。 これが200ページ以内に拡げると、デビュー率はさらに60%...

第01回:ネームを描く前に考えるべきこと

■解らないが解らない■ ‪「ネームの描き方がわかりません」と、投稿者から相談されることが、よくあります。こういう質問には、困ってしまいます。一口にネームの描き方といっても、その意味するところは人それぞれですから。  ・ネームという言葉の意味することが解らないのか?  ・単純に画力の不足言ってるのか?  ・内容の発想が不...