第10回:各種作話メソッド
« 記事一覧へ

第10回:各種作話メソッド

By mogura

■優先順位■

ネームが出来ないというタイプの多くは、エンドマークが打てないタイプ。ゆえに、リニア・ネーム・メソッドで勢いで作品の全体像を吐き出すのが有効です。これで、全体の30%ぐらいは、ネームを取りあえず描けるようになります。

次に、話がいつまでも終わらないタイプ。これはラストシーンを先ず作って、そこから逆算して発端や中盤の展開を考えれば、だいたい解決します。中盤がドンドン膨らんで収拾がつかなくなるタイプは、長期連載向きではありますが。

中盤が長くなるタイプは、エピソードを1〜3に制限すれば、だいたい読み切りの尺に収まります。これで、20%ぐらいは問題が解決します。次に問題になるのが、秀逸なアイデアが浮かばないタイプ。

これは、いくつかのメソッドがあります。

漫画以外の創作に刺激を受ける、日頃から思いついたアイデアを小まめにメモする癖を付けたり、古典作品のアイデアをアレンジする練習を繰り返したり、アイデアマンのブレーンを付ける、原作者を付けても良いでしょう。

 

■アイデア力■

ネーム力を上げる方法は、他にも幾つかあります。理論的な部分を固めて、自分のネームを整理するのも有効ですし、講座では各種練習方法で、地力を高めてゆきます。ひとつだけ具体的な方法論を、書いておきます。

それは、2シチュエーション作話メソッド。

幾人かの同好の士がいれば、良いのですが、誰かが前半のシチュエーションを出し、それに対して意外性のあるシチュエーションを別の人間が出し、それを掌編や短編を紡いでいく、討論型の作品作りです。

具体的には、「シャワーを浴びたら」という前半のシチュエーションを出されたら、「彼女を殺すつもり」とか「味噌汁にプチトマトを入れる」とか「猫を舐める」など、できるだけ突拍子もない組み合わせを考えます。

これで、50個ほどもアイデアを出すと、2〜3個ぐらいは、想像力を刺激するような組み合わせが生まれますから、それを掌編や短編に広げる展開を考えます。あくまでも発想の訓練として行います。

 

■組み合わせる■

それができたら、今度は「〜たら」という前半のシチュエーションを、さらに50個ほども考えて、先ほどの後半のシチュエーションと、組み合わせの可能性を検討してみます。2500個の組み合わせが、ここでできます。

大塚英志先生は、カードにそういう物語のキーワードを書き込んで、それを引いて物語の展開を考えるという手法を紹介されていましたが、自分の脳内にある言葉は、傾向やパターンが偏りがちです。

できるだけ趣味や得意分野が異なる人間同士でコレをやると、意外な言葉やシチュエーションが生まれて、自分にはない発想がもらえて、想像力が広がり、意外な組み合わせが生まれやすいです。

だだし、売れた後で著作権で揉めることがあります。

編集者と作家の打ち合わせも、そうやって駄話の中で、意外な組み合わせによるインスピレーションを生むのが大事。発想は、別の部分から導かれることが多いので、「無用の用」とでも呼べる余裕が大事です。

 

■あきらめない心■

こうやって、
 ・デリヘルを呼んだら+元彼女
 ・私が愛した+平家蟹
 ・サンドイッチに+ペギミンH
 ・生まれ変わったら+ツタンカーメン
 ・転校生は+活断層
でもなんでも、アイデアを出すことが大事。最初のうちは質より量を重視してください。

大事なのは、こんなの思い浮かばないよと、白旗を最初から揚げないこと。出てきた組み合わせを、無理筋でも取りあえず考えてみることです。発想できないと確認することは、自分の苦手を知れて、無駄ではありません。

コツがつかめたら、前半と後半のシチュエーション合計100個をカードに書き出して、大塚英志先生の方式でランダムにシャッフルしても、意外な組み合わせが出てくる可能性があり、一人で練習できます。

アイデアの参考に筒井康隆先生の『天狗の落とし文』を購入しても良いです。 https://amzn.to/2C0LkNh

 

■得手不得手を知る■

こういう鍛錬方法は、ネオ三題噺メソッドとか、1行シチュエーション作話術とか、後日譚メソッドとか、稀人来訪譚メソッドとか、イロイロとあります。投稿者の得手不得手は千差万別ですから。

この他にも、そもそもその作家の得手不得手をどうやって見つけるかという、能力発掘のドリルと組み合わせて、適正を見つけるのが大事です。自分はこれでヒット作をモノにしたと、成功した方法論を押し付けるのは違います。

先頃亡くなられたさくらももこ先生は、漫画家を一度は諦め、春風亭小朝師匠に弟子入りして、落語家になろうとしていたそうです。ところが、大学の推薦に必要な作文で書いたエッセイが高く評価され、人生が変わったそうです。

エッセイの手法を漫画に持ち込む、エッセイ漫画で自分の子供時代をユーモラスに表現し、プロとして喰っていけるどころか、大ヒットをモノにされた訳で。その後、エッセイでも高い評価を得ておられましたね。

適性は自分では気づかないこともあります。

※さて、ネームについては一通り、基本的なことは書けましたので。次回からしばらくは、ネーム以外で投稿者が気になること・知りたいことをツラツラと書いてみたいと思います。

 


この記事を読んだ方にお勧め、「Graphium(グラフィウム)School カレッジコース」受講受付中!


本コラム執筆者の喜多野先生が講師を務める「Graphium Schoolカレッジコース」は、実践を通して力をつけたいという方や、単発での講座を受講したいという方にぴったりのコースです。
MANZEMI作画プロフェッショナルコース漫画ネーム講座とあわせて、ぜひご参加ください。

 

記事一覧

第15回:出版社へ持ち込みの日に

■早すぎず・遅すぎず■ さて、予約もバッチリ、いよいよ上京して持ち込み当日。編集部に念のために事前の確認電話……は、してもしなくてもかまいません。編集者が不在のことも多いですし、急な予定変更もありますので。 当日は、いきなり出版社に行って、受付があり係がいる大きな出版社なら、編集部と予約した編集者、来訪目的を告げて、指...

第14回:出版社へ持ち込みの前に

■持ち込みと投稿の違い■ 「持ち込みと投稿と、どちらが良いですか?」と、よく聞かれます。出版社の90%が集中する東京へは、地方在住者は簡単には行けません。ですが、持ち込みのほうがメリットがたくさんあります。 投稿では数多くの投稿作の中で、群を抜いた面白さや個性がないと、なかなか担当が付くことはないですが、持ち込みで作品...

第13回:ペンネームの付け方 (3)

■オリジナルなペンネーム■ ペンネームは基本、自分の好きなように付ければ良いと思います。ただ、好きに付けろとなると、迷いが生まれるのもまた事実です。前回の各種パターンが参考になるでしょう。でも、誰にも似ていないペンネームは大事。 オリジナルでペンネームを付けるコツは何か? そんな人に、いくつか参考になるポイントはありま...

第12回:ペンネームの付け方 (2)

■ペンネームのいろいろ■ では、具体的にはペンネームには、どんなパターンがあるでしょうか? 以下に、代表的なパターンをいくつか書き出してみましょう。  ・本名をもじる  ・本名の文字を一部変える  ・他のモノにあやかる  ・ペンネーム自体が洒落  ・まったくのオリジナル 夏目漱石は夏目金之助が本名。名前に中国の故事成語...

第11回:ペンネームの付け方 (1)

■ペンネームは必要なのか?■ ペンネーム、日本語では筆名。投稿者やデビューを決めた人によく相談されるのが「ペンネームは付けるべきか否か?」という点。どちらでも良いと思いますが、自分はできれば付けた方が良い派です。 理由は多種多様です。 原作者の小池一夫先生は本名が俵谷星舟。ペンネームのほうが地味ですね。上條淳士先生は、...

第10回:各種作話メソッド

■優先順位■ ネームが出来ないというタイプの多くは、エンドマークが打てないタイプ。ゆえに、リニア・ネーム・メソッドで勢いで作品の全体像を吐き出すのが有効です。これで、全体の30%ぐらいは、ネームを取りあえず描けるようになります。 次に、話がいつまでも終わらないタイプ。これはラストシーンを先ず作って、そこから逆算して発端...

第09回:リニア・ネーム・メソッド

■主観表現と客観表現■ よく、「手塚治虫が漫画に映画の表現技法を採り入れた」と言われます。具体的に、どんな映画の表現技法を採り入れたかを、解説している漫画研究者を見た記憶はありませんが。それはともかく。 では、なぜ手塚治虫先生は映画の技法を採り入れたのか? その答えを書く前に、このコラムを読んでいる人に質問を。漫画が一...

第08回:原因と結果を探ろう

■適材適所と因果関係■ 前回のコラムを読んで、こう反論する大学や専門学校の講師、編集者も一定数いるでしょう。「プロットやシノプシスを作らせないと、いつまで経ってもネームが終わらない生徒がいるんです」と。 そういう生徒にプロットやシノプシスは本当に有効ですか? 100ページや200ページのネームを書いてなお、話にエンドマ...

第07回:ネーム以前のお話

■プロットとは何か?■ さて、ネームのコマ割りの具体的な技法とかは漫画ネーム講座で有料で教えているので、置いておいて。ネームを作るに当たっての、前段階について。前回まで紹介した方法とは、別のアプローチの方法もあります。 漫画の描き方入門とか、あるいは専門学校や大学の漫画学科で、ネームを描く前にプロットを書くことを奨める...

第06回:ネームは文章力

■実践する意志が大事■ さて、アニメの絵コンテ用紙を使用しても、三段組(三段割)のネーム用紙を使用しても、それ以外の用紙を使ってもかまいませんので、まずは実践が大事。技術は試行錯誤の中で、見つけることがよくあります。 他人に教えてもらった技術や方法論よりも、自分で苦労して発見した技術や方法論のほうが、喜びも大きいです。...

第05回:平均コマ数の話

■ケース・バイ・ケース■ 話が前後しましたが、ネームの描き方についての、具体的なポイントを書いてゆきます。第4回を飛ばして、第3回から続けて読んでいただければ、理解が早いでしょう。 さて、コマ割りに関して。3段割(3段組)のコマ割り用紙を自分は推奨していますが、「漫画は3段割が良いのか4段割が良いのか、どっちですか?」...

第04回:ネームの基本の基本

■片面だけ描くネーム■ 前回、ネームについて具体的に書きましたが、「見開き単位で絶対に描かないといけないのですか?」とか「裏に描いてもいけないんですか?」という質問を、いただきました。 そこから……ですか。OK、了解です。 もし本気で漫画家になろうとか、趣味としても真剣に取り組もう思ったら、調べれば解ることだとは思うの...

第03回:ネーム制作とコマ割り

■コマが割れない人■ さて、3回目にして技術的な話をちょこっとします。どうやったらネームが描けるか、というのはケースバイケースで、簡単には答えられないというのを前提として、よくあるパターンについて。 コマ割りについて第1回で、コマ割りができないアニメーターの話をしました。でもこの人、逆にアニメの絵コンテは作成することが...

第02回:漫画家はスポーツマンと同じ

■数字で考えてみる■ トキワ荘プロジェクトのアンケートでは、プロになった漫画家の33%が100ページ以内の投稿作品の作画量でデビューしています。投稿規定は30ページですから、だいたい3本ぐらい。 プロになる人間は投稿2本目や3本目でデビューする人が3人に1人。 これが200ページ以内に拡げると、デビュー率はさらに60%...

第01回:ネームを描く前に考えるべきこと

■解らないが解らない■ ‪「ネームの描き方がわかりません」と、投稿者から相談されることが、よくあります。こういう質問には、困ってしまいます。一口にネームの描き方といっても、その意味するところは人それぞれですから。  ・ネームという言葉の意味することが解らないのか?  ・単純に画力の不足言ってるのか?  ・内容の発想が不...