第08回:原因と結果を探ろう
« 記事一覧へ

第08回:原因と結果を探ろう

By mogura

■適材適所と因果関係■

前回のコラムを読んで、こう反論する大学や専門学校の講師、編集者も一定数いるでしょう。「プロットやシノプシスを作らせないと、いつまで経ってもネームが終わらない生徒がいるんです」と。

そういう生徒にプロットやシノプシスは本当に有効ですか?

100ページや200ページのネームを書いてなお、話にエンドマークを打てない投稿者は数多く見てきましたが、理由は幾つかあります。ひとつは、週刊少年誌の連載方式に影響を受けた作品作りがあるでしょう。

人間は、影響を受けた作品を無意識に模倣します。週刊少年誌が、良くも悪くもヒット作品の一大供給地である以上、その引っ張って引っ張って何十巻にもなってしまう作品作りを真似てしまうのは必然です。

そんな学生や投稿者に、プロットやシノプシスを作れと言っても、それこそ雲を掴むような話です。『ONE PIECE』や『ドラゴンボール』のプロットやシノシプスを作って、それを30ページの投稿作に仕立て直せますか?

 

■三幕で構成してみる■

そういう、超長期連載の悪影響を受けるタイプには、まずは良質な短編読み切りをたくさん読ませ、短編の面白さや作品の流れ、構造を無意識に染み込ませて、データベースを充実させないとダメでしょう。

脚本家で映画監督の三宅隆太氏が語っていましたが、映画は演劇などの長い歴史の影響から3幕構成になっていて、各幕の長さの比率は1対2対1になっているが、脚本家は無意識にその比率で書いてしまう、と。

幕というのは、演劇での一連の演技の一段落のこと。

場面が転換するときに幕が上がって幕が降りるまでのことが多いので、この呼び名があります。舞台の芝居では頻繁に幕が上がったり降りたりすると、観客の集中力が途切れるので、三幕構成が主流になりました。

映画では場面転換自体は頻繁に起きますので、フィルムがスタートして止まるまでをカットと呼び、幾つかのカットが集まってシーンになり、シーンが幾つか集まってシークエンスになります。文章の、文・段落・章に相当します。

 

■それは暗黙知の領域■

興味深いのは、三幕構成というのが、全体の尺に対しての比率であると言うこと。全体が100分で3幕が25分・50分・25の比率の作品もあれば、160分で40分・80分・40分の作品もあるということ。

私たちはつい、映画でも演劇でも始まって何分かしたら集中力が削がれてきて、幕の転換でリフレッシュしたくなると思いますが、そうではないのです。10分で場面転換が欲しくなる作品もあれば、50分の作品もあるということ。

では、なぜそんなことが起きるのでしょう?

それは、その作品に固有のリズムが、音楽のようにあるからです。ズンチャ・ズンチャの速いリズムか、ズンチャッチャッチャ・ズンチャッチャッチャの緩いリズムかで、全体のバランスや尺が変わってくるのと似ています。

 

■オチから逆算で創る■

話がズルズルと長引くタイプは、作品のオチがしっかり決まっていないことが多く、以前のコラムで書いたような「ほんで、オチは?」と言われるタイプなのですが、オチがなくてもリズム感が良い作品はあります。

それは、大きな意味でのオチはなくても、段落や賞を構成するパーツの中に、小さなオチが組み込まれていて、先に読み進める力を持っていたりするからです。なので、このタイプには大きなオチ、アイデアの指導が必要です。

小さなオチもなく、リズムがグチャグチャなネームは、本当に読んでいて辛くなります。こういう人にプロットやシノシプスを作って整理しろと言っても、そもそもまとめようがないのですから、指導としては不適格。

そういう人には先ず、短いスパンの中で作品を創る練習を指導しなくては。

トキワ荘プロジェクトの入居者で、今は京都精華大学の漫画学科で講師もしているカメントツ先生も、物語のリズムとなる掌編(2〜8ページ程度のショート・ストーリー)から指導しています。

 

■4コマは才能が必要■

ついでに言えば、そこで4コマ漫画から指導するのは、実は失敗しやすいです。編集時代から現在まで、数多くのストーリー作家のデビューに立ち会ってきましたが、4コマ漫画はストーリー漫画とは明らかに異なる資質が必要です。

ベテラン漫画家で、作品構成を学ぶなら4コマ漫画が最適だと力説される方もいますが、それはだいたいストーリー漫画も4コマ漫画も描ける万能型の才能ある作家ですので、鵜呑みにしてはいけません。

いちおう、ストーリー漫画の応用で4コマ漫画を描く方法論はあります。

ですが、その前に2〜10コマぐらいとアバウトな枠組みの中で掌編を描き、そこでコマ割りの文法を学びつつ、作品の基本となるリズムを学ばないと、プロットやシノシプスと同じで、描けない人は描けません。

 

■巨匠に学ぶ作話方法■

さて、プロットやシノシプスを上手く書けない人のために、前回予告した方法について。やり方は簡単で、スマートフォンなどの録音機能を利用して、作品の登場人物のセリフを全部しゃべってしまうという方法です。

プロの漫画家でも、先ずは全部のセリフを書き出す人は多いです。

漫画の2ページは映画やアニメの1分に該当しますから、早ければ15分、遅くても1時間もあれば全部語れるはずです。もし1時間しゃべっても終わりが見えないなら、それは30ページの投稿作にするには長すぎます。

ちなみにこの方法、ちばてつや・あきお両先生の実弟で、ちば作品のほとんどの原作を手掛け、『風光る』などでも知られる七三太朗先生がレコーダーに原作を語り卸してちば先生に渡すという話から、ヒントを得ました。

さて、次回はこの『リニア録音ネーム技法』について、もうちょっとだけ解説します。この方法が有効でない人もいるでしょうけれど、試してみてください。その上で、自分のネームがまとまらない理由が、上で述べたことのどれかに該当しないか、確認を。100分ほど語ったら良い結末ができた人は、もともと長編のリズムは持っているということです。

 


この記事を読んだ方にお勧め、「Graphium(グラフィウム)School カレッジコース」受講受付中!


本コラム執筆者の喜多野先生が講師を務める「Graphium Schoolカレッジコース」は、実践を通して力をつけたいという方や、単発での講座を受講したいという方にぴったりのコースです。
MANZEMI作画プロフェッショナルコース漫画ネーム講座とあわせて、ぜひご参加ください。

記事一覧

第15回:出版社へ持ち込みの日に

■早すぎず・遅すぎず■ さて、予約もバッチリ、いよいよ上京して持ち込み当日。編集部に念のために事前の確認電話……は、してもしなくてもかまいません。編集者が不在のことも多いですし、急な予定変更もありますので。 当日は、いきなり出版社に行って、受付があり係がいる大きな出版社なら、編集部と予約した編集者、来訪目的を告げて、指...

第14回:出版社へ持ち込みの前に

■持ち込みと投稿の違い■ 「持ち込みと投稿と、どちらが良いですか?」と、よく聞かれます。出版社の90%が集中する東京へは、地方在住者は簡単には行けません。ですが、持ち込みのほうがメリットがたくさんあります。 投稿では数多くの投稿作の中で、群を抜いた面白さや個性がないと、なかなか担当が付くことはないですが、持ち込みで作品...

第13回:ペンネームの付け方 (3)

■オリジナルなペンネーム■ ペンネームは基本、自分の好きなように付ければ良いと思います。ただ、好きに付けろとなると、迷いが生まれるのもまた事実です。前回の各種パターンが参考になるでしょう。でも、誰にも似ていないペンネームは大事。 オリジナルでペンネームを付けるコツは何か? そんな人に、いくつか参考になるポイントはありま...

第12回:ペンネームの付け方 (2)

■ペンネームのいろいろ■ では、具体的にはペンネームには、どんなパターンがあるでしょうか? 以下に、代表的なパターンをいくつか書き出してみましょう。  ・本名をもじる  ・本名の文字を一部変える  ・他のモノにあやかる  ・ペンネーム自体が洒落  ・まったくのオリジナル 夏目漱石は夏目金之助が本名。名前に中国の故事成語...

第11回:ペンネームの付け方 (1)

■ペンネームは必要なのか?■ ペンネーム、日本語では筆名。投稿者やデビューを決めた人によく相談されるのが「ペンネームは付けるべきか否か?」という点。どちらでも良いと思いますが、自分はできれば付けた方が良い派です。 理由は多種多様です。 原作者の小池一夫先生は本名が俵谷星舟。ペンネームのほうが地味ですね。上條淳士先生は、...

第10回:各種作話メソッド

■優先順位■ ネームが出来ないというタイプの多くは、エンドマークが打てないタイプ。ゆえに、リニア・ネーム・メソッドで勢いで作品の全体像を吐き出すのが有効です。これで、全体の30%ぐらいは、ネームを取りあえず描けるようになります。 次に、話がいつまでも終わらないタイプ。これはラストシーンを先ず作って、そこから逆算して発端...

第09回:リニア・ネーム・メソッド

■主観表現と客観表現■ よく、「手塚治虫が漫画に映画の表現技法を採り入れた」と言われます。具体的に、どんな映画の表現技法を採り入れたかを、解説している漫画研究者を見た記憶はありませんが。それはともかく。 では、なぜ手塚治虫先生は映画の技法を採り入れたのか? その答えを書く前に、このコラムを読んでいる人に質問を。漫画が一...

第08回:原因と結果を探ろう

■適材適所と因果関係■ 前回のコラムを読んで、こう反論する大学や専門学校の講師、編集者も一定数いるでしょう。「プロットやシノプシスを作らせないと、いつまで経ってもネームが終わらない生徒がいるんです」と。 そういう生徒にプロットやシノプシスは本当に有効ですか? 100ページや200ページのネームを書いてなお、話にエンドマ...

第07回:ネーム以前のお話

■プロットとは何か?■ さて、ネームのコマ割りの具体的な技法とかは漫画ネーム講座で有料で教えているので、置いておいて。ネームを作るに当たっての、前段階について。前回まで紹介した方法とは、別のアプローチの方法もあります。 漫画の描き方入門とか、あるいは専門学校や大学の漫画学科で、ネームを描く前にプロットを書くことを奨める...

第06回:ネームは文章力

■実践する意志が大事■ さて、アニメの絵コンテ用紙を使用しても、三段組(三段割)のネーム用紙を使用しても、それ以外の用紙を使ってもかまいませんので、まずは実践が大事。技術は試行錯誤の中で、見つけることがよくあります。 他人に教えてもらった技術や方法論よりも、自分で苦労して発見した技術や方法論のほうが、喜びも大きいです。...

第05回:平均コマ数の話

■ケース・バイ・ケース■ 話が前後しましたが、ネームの描き方についての、具体的なポイントを書いてゆきます。第4回を飛ばして、第3回から続けて読んでいただければ、理解が早いでしょう。 さて、コマ割りに関して。3段割(3段組)のコマ割り用紙を自分は推奨していますが、「漫画は3段割が良いのか4段割が良いのか、どっちですか?」...

第04回:ネームの基本の基本

■片面だけ描くネーム■ 前回、ネームについて具体的に書きましたが、「見開き単位で絶対に描かないといけないのですか?」とか「裏に描いてもいけないんですか?」という質問を、いただきました。 そこから……ですか。OK、了解です。 もし本気で漫画家になろうとか、趣味としても真剣に取り組もう思ったら、調べれば解ることだとは思うの...

第03回:ネーム制作とコマ割り

■コマが割れない人■ さて、3回目にして技術的な話をちょこっとします。どうやったらネームが描けるか、というのはケースバイケースで、簡単には答えられないというのを前提として、よくあるパターンについて。 コマ割りについて第1回で、コマ割りができないアニメーターの話をしました。でもこの人、逆にアニメの絵コンテは作成することが...

第02回:漫画家はスポーツマンと同じ

■数字で考えてみる■ トキワ荘プロジェクトのアンケートでは、プロになった漫画家の33%が100ページ以内の投稿作品の作画量でデビューしています。投稿規定は30ページですから、だいたい3本ぐらい。 プロになる人間は投稿2本目や3本目でデビューする人が3人に1人。 これが200ページ以内に拡げると、デビュー率はさらに60%...

第01回:ネームを描く前に考えるべきこと

■解らないが解らない■ ‪「ネームの描き方がわかりません」と、投稿者から相談されることが、よくあります。こういう質問には、困ってしまいます。一口にネームの描き方といっても、その意味するところは人それぞれですから。  ・ネームという言葉の意味することが解らないのか?  ・単純に画力の不足言ってるのか?  ・内容の発想が不...