第07回:ネーム以前のお話
« 記事一覧へ

第07回:ネーム以前のお話

By mogura

■プロットとは何か?■

さて、ネームのコマ割りの具体的な技法とかは漫画ネーム講座で有料で教えているので、置いておいて。ネームを作るに当たっての、前段階について。前回まで紹介した方法とは、別のアプローチの方法もあります。

漫画の描き方入門とか、あるいは専門学校や大学の漫画学科で、ネームを描く前にプロットを書くことを奨める講師がいます。プロットを書くと、話が整理されて話がまとまりやすいとか、理由はイロイロと説明されます。

でも、それは本当でしょうか?

昔、ある学生が卒業製作用の作品のプロットを提出できず、2カ月以上もアレコレと思い悩んでいました。もう卒業製作自体を諦めようかというレベルまで追い込まれていたので、自分はあるアドバイスをしました。

その結果、2カ月もかかっていたプロットは1日でできてしまい、無事に卒業制作にも間に合いました。どのようなアドバイスをしたかは、次回にお教えするとして。プロットについての誤解を解きほぐしておきましょう。

 

■シノプシスって何?■

そもそも、プロット【plot】とはいったい何でしょうか? 物語(ストーリー)の要約や梗概、あらすじのこと……と答える講師がいたら、正確ではありません。それは一般にシノプシス【synopsis】と呼ばれるものです。

シノプシスは《対観表》とも訳されますが、元は新約聖書で、共観福音書(ヨハネ福音書以外のマタイ・マルコ・ルカの三福音書)の並行記事を、比較対照して読むことができるようにした一覧表のことです。

辞書で調べると、プロットも物語・小説・戯曲・映画などの筋立てや構想と説明されてるじゃないかと、抗議する人もいるでしょう。辞書的な意味はそうでも、作話においては異なります。少なくとも1927年以降は。

この年、エドワード・モーガン・フォースターが『小説の諸相』を発表します。

この中で、プロットとは因果関係であると、フォースターは定義しています。筆者がこの定義を初めて知ったのは、国枝史郎の伝奇小説『信州纐纈城』の講談社文庫本の寄せた三島由紀夫の解説でした。

エドワード・モーガン・フォースター『小説の諸相』 https://amzn.to/2uyz4h4

 

■前後関係と因果関係■

フォースターに言わせると、

 ・王が死んだ

 ・その後に王妃が死んだ

というのは、ただの前後関係を述べているに過ぎません。コレをストーリーと定義します。

コレが、

 ・王が死んだ

 ・悲しみのあまり王妃がその後に死んだ

という、因果関係が示されてプロットになるのだと、フォースターは述べています。

それがどうしたと思いましたか?

でもコレは、歴史書の編年体と紀伝体ぐらい違います。編年体というのは、年代の順を追って記述する方式で、中国の歴史書『春秋』がこの形式です。年代記と呼ばれる歴史書もこの範疇です。

いっぽう紀伝体は、司馬遷が歴史書『史記』で採用した記述方式で、人物を中心にその事蹟を記述する方式です。ある意味、歴史小説の原型と言っても良い存在ですが、まぁいいや。

 

■因果関係を描こうよ■

それを読んだ読者が「それから?」と聞くのがストーリーで、「なぜ?」と聞くのがプロットと、フォースターは語ってもいますが。いずれにしろ、物語のダイジェストがプロットではない以上、シノプシスという分類が必要です。

例えばプロットは、王妃が死んだ理由を、

 ・王の暗殺が発覚して追いつめられ

 ・王が本当に愛した女性の存在を知って

 ・義弟が王の暗殺を実行したと知り

 ・王が生前に仕込んだ毒酒を飲み

 ・宰相の陰謀を民に知らしめるために

などとイロイロと作れます。

重要なのは、その因果関係の説明がストーリーになるという点。

この因果関係のアイデアが秀逸だったり、人間の心の機微に深く踏み込んでいたり、語り口が興味を引いて離さず素晴らしかったりすると、世間で評価される作品になる……ことが多いようです。

ここ、ネーム以前の作品の発想のポイントとしても重要なので、あえて書いておきました。この因果関係は、義弟はなぜ王を暗殺したのかとか、そこで人間関係が絡み合ってくると、長編になっていくわけです。閑話休題

 

■必要なのは誰です?■

話をプロットに戻して。そもそも、なぜ作品の概要をまとめたシノプシスが必要かと言えば、作家側の必要性ではなく、小説を出す出版社側や、脚本を読む映画プロデューサー側の要請だったりします。

アメリカの映画はだいたい100分前後が多いですが、映画のシナリオは1ページが1分になる形式で書かれています。つまり、100ページ前後のシナリオが、有名プロデューサーには毎日山のように送りつけられる訳です。

なにしろ、制作費が日本とは桁違いのアメリカ映画界ですから、一攫千金を夢見て膨大な量の脚本家志望者が、書きまくって送りまくってる訳で。でも、その中で傑作なんてのは何%あるのやら。

読んでみたけど駄作だった、そんな作品に貴重な時間を掛けていられません。

作品の概要をまとめたシノプシスが必要になるわけです。つまりシノプシスというのは、作品を書いた後に、まとめとして書くことが本来の姿です。

 

■痩せ虱を鑓で剥ぐな■

そうやって概要を作ると、作品を俯瞰して客観視できるので、作品のバランスの悪さや、流れの問題点が見えてきやすい部分もあります。なので、作品を書く前にシノプシスを書くということが推奨されることに。

でも、コレは大きな間違いです。例えば、100分の映画を漫画に起こすと、何ページ必要でしょうか? 人によってネーム力に差がありますが、だいたい200ページぐらいになります。1分が2ページ相当。

漫画の新書版の単行本は192・200・208ページが基本。

そう、映画1本はだいたい単行本1冊に近いのです。週刊少年誌なら8〜10本分、30ページの読み切りなら6本分。それぐらいの分量なら先にシノシプスを作る意味はあるでしょう。でも、投稿作や卒業制作は?

24ページや30ページ、ちば賞でも45ページの作品に、シノシプスを作る意味はあるのか? アニメなら12〜23分、ドラえもんやアンパンマンなどの1本分と近い分量です。それでシノシプスを作る意味はあるのか? 論語にも「鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん」という言葉があります。

先に上げた学生が、二ヶ月もシノプシス(彼女にとってはプロット)が作れなかった理由はまさに「鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん」であったことと、シノプシスは後で作ること、シノプシスを作るには経験値が必要ということを、教える側が理解していないことが多いようです。その問題点についても、次回で指摘します。実際、プロの漫画家でもシノプシスは作らずいきなりネームを起こす人は、けっこう多いです。


この記事を読んだ方にお勧め、「Graphium(グラフィウム)School カレッジコース」受講受付中!


本コラム執筆者の喜多野先生が講師を務める「Graphium Schoolカレッジコース」は、実践を通して力をつけたいという方や、単発での講座を受講したいという方にぴったりのコースです。
MANZEMI作画プロフェッショナルコース漫画ネーム講座とあわせて、ぜひご参加ください。

 

記事一覧

第15回:出版社へ持ち込みの日に

■早すぎず・遅すぎず■ さて、予約もバッチリ、いよいよ上京して持ち込み当日。編集部に念のために事前の確認電話……は、してもしなくてもかまいません。編集者が不在のことも多いですし、急な予定変更もありますので。 当日は、いきなり出版社に行って、受付があり係がいる大きな出版社なら、編集部と予約した編集者、来訪目的を告げて、指...

第14回:出版社へ持ち込みの前に

■持ち込みと投稿の違い■ 「持ち込みと投稿と、どちらが良いですか?」と、よく聞かれます。出版社の90%が集中する東京へは、地方在住者は簡単には行けません。ですが、持ち込みのほうがメリットがたくさんあります。 投稿では数多くの投稿作の中で、群を抜いた面白さや個性がないと、なかなか担当が付くことはないですが、持ち込みで作品...

第13回:ペンネームの付け方 (3)

■オリジナルなペンネーム■ ペンネームは基本、自分の好きなように付ければ良いと思います。ただ、好きに付けろとなると、迷いが生まれるのもまた事実です。前回の各種パターンが参考になるでしょう。でも、誰にも似ていないペンネームは大事。 オリジナルでペンネームを付けるコツは何か? そんな人に、いくつか参考になるポイントはありま...

第12回:ペンネームの付け方 (2)

■ペンネームのいろいろ■ では、具体的にはペンネームには、どんなパターンがあるでしょうか? 以下に、代表的なパターンをいくつか書き出してみましょう。  ・本名をもじる  ・本名の文字を一部変える  ・他のモノにあやかる  ・ペンネーム自体が洒落  ・まったくのオリジナル 夏目漱石は夏目金之助が本名。名前に中国の故事成語...

第11回:ペンネームの付け方 (1)

■ペンネームは必要なのか?■ ペンネーム、日本語では筆名。投稿者やデビューを決めた人によく相談されるのが「ペンネームは付けるべきか否か?」という点。どちらでも良いと思いますが、自分はできれば付けた方が良い派です。 理由は多種多様です。 原作者の小池一夫先生は本名が俵谷星舟。ペンネームのほうが地味ですね。上條淳士先生は、...

第10回:各種作話メソッド

■優先順位■ ネームが出来ないというタイプの多くは、エンドマークが打てないタイプ。ゆえに、リニア・ネーム・メソッドで勢いで作品の全体像を吐き出すのが有効です。これで、全体の30%ぐらいは、ネームを取りあえず描けるようになります。 次に、話がいつまでも終わらないタイプ。これはラストシーンを先ず作って、そこから逆算して発端...

第09回:リニア・ネーム・メソッド

■主観表現と客観表現■ よく、「手塚治虫が漫画に映画の表現技法を採り入れた」と言われます。具体的に、どんな映画の表現技法を採り入れたかを、解説している漫画研究者を見た記憶はありませんが。それはともかく。 では、なぜ手塚治虫先生は映画の技法を採り入れたのか? その答えを書く前に、このコラムを読んでいる人に質問を。漫画が一...

第08回:原因と結果を探ろう

■適材適所と因果関係■ 前回のコラムを読んで、こう反論する大学や専門学校の講師、編集者も一定数いるでしょう。「プロットやシノプシスを作らせないと、いつまで経ってもネームが終わらない生徒がいるんです」と。 そういう生徒にプロットやシノプシスは本当に有効ですか? 100ページや200ページのネームを書いてなお、話にエンドマ...

第07回:ネーム以前のお話

■プロットとは何か?■ さて、ネームのコマ割りの具体的な技法とかは漫画ネーム講座で有料で教えているので、置いておいて。ネームを作るに当たっての、前段階について。前回まで紹介した方法とは、別のアプローチの方法もあります。 漫画の描き方入門とか、あるいは専門学校や大学の漫画学科で、ネームを描く前にプロットを書くことを奨める...

第06回:ネームは文章力

■実践する意志が大事■ さて、アニメの絵コンテ用紙を使用しても、三段組(三段割)のネーム用紙を使用しても、それ以外の用紙を使ってもかまいませんので、まずは実践が大事。技術は試行錯誤の中で、見つけることがよくあります。 他人に教えてもらった技術や方法論よりも、自分で苦労して発見した技術や方法論のほうが、喜びも大きいです。...

第05回:平均コマ数の話

■ケース・バイ・ケース■ 話が前後しましたが、ネームの描き方についての、具体的なポイントを書いてゆきます。第4回を飛ばして、第3回から続けて読んでいただければ、理解が早いでしょう。 さて、コマ割りに関して。3段割(3段組)のコマ割り用紙を自分は推奨していますが、「漫画は3段割が良いのか4段割が良いのか、どっちですか?」...

第04回:ネームの基本の基本

■片面だけ描くネーム■ 前回、ネームについて具体的に書きましたが、「見開き単位で絶対に描かないといけないのですか?」とか「裏に描いてもいけないんですか?」という質問を、いただきました。 そこから……ですか。OK、了解です。 もし本気で漫画家になろうとか、趣味としても真剣に取り組もう思ったら、調べれば解ることだとは思うの...

第03回:ネーム制作とコマ割り

■コマが割れない人■ さて、3回目にして技術的な話をちょこっとします。どうやったらネームが描けるか、というのはケースバイケースで、簡単には答えられないというのを前提として、よくあるパターンについて。 コマ割りについて第1回で、コマ割りができないアニメーターの話をしました。でもこの人、逆にアニメの絵コンテは作成することが...

第02回:漫画家はスポーツマンと同じ

■数字で考えてみる■ トキワ荘プロジェクトのアンケートでは、プロになった漫画家の33%が100ページ以内の投稿作品の作画量でデビューしています。投稿規定は30ページですから、だいたい3本ぐらい。 プロになる人間は投稿2本目や3本目でデビューする人が3人に1人。 これが200ページ以内に拡げると、デビュー率はさらに60%...

第01回:ネームを描く前に考えるべきこと

■解らないが解らない■ ‪「ネームの描き方がわかりません」と、投稿者から相談されることが、よくあります。こういう質問には、困ってしまいます。一口にネームの描き方といっても、その意味するところは人それぞれですから。  ・ネームという言葉の意味することが解らないのか?  ・単純に画力の不足言ってるのか?  ・内容の発想が不...