第06回:ネームは文章力
« 記事一覧へ

第06回:ネームは文章力

By mogura

■実践する意志が大事■

さて、アニメの絵コンテ用紙を使用しても、三段組(三段割)のネーム用紙を使用しても、それ以外の用紙を使ってもかまいませんので、まずは実践が大事。技術は試行錯誤の中で、見つけることがよくあります。

他人に教えてもらった技術や方法論よりも、自分で苦労して発見した技術や方法論のほうが、喜びも大きいです。切ったネームを、表現技法で整えるのが演出ですが、講座ではさほど特殊な事はやりません。

「手塚治虫先生が『新宝島』で導入した、映画の表現技法」を用います。

もっとも、手塚先生が漫画に導入した映画の表現技法を、具体的かつ体系的に解説してる漫画研究書は、寡聞にして知りません。MANZEMIの漫画ネーム講座では一ヶ月ほどかけてこの、演出としての表現技法を学びます。

 

■失敗は成功のマザー■

では、ネームの技術を考える前に、別の視点で考えてみましょう。「こうやったら成功する(こうやって成功した)」という話を聞いて、そのまま真似ても失敗することは、よくありますよね?

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」という名言があります。

プロ野球の野村克也氏の言葉として有名になりましたが、元々は肥前国平戸藩の九代藩主・松浦清の言葉です。号の静山の方が有名ですが、正編百巻・続編百巻・第三編七十八巻の随筆集『甲子夜話』で有名な文人大名。

藩政改革にも辣腕をふるい、さらに心形刀流甲州派の達人という文武両道の人で、『剣談』という剣術書も残しており、前述の名言はこちらが出典です。本人にも原因不明の勝利があるが、負けには必ず理由があるという意味。

要するに、成功体験には法則性はないが、失敗体験には共通するパターンがある、ということ。読者に伝わらないネームというのも、上手いネームを手本にするより、下手なネームの原因を追求する方が、有益なことが多いのです。

 

■何処に行くのですか■

ならば、下手なネームとはいったい何か? 読みづらかったり、意味が判然としなかったり、頭に関係性が入ってこなかったり、下手なネームの原因は多数あります。何かひとつだけ、理由があるわけではありません。

講座で指導するときも、複数の原因でこんがらがったネームを、原因を洗い出して解きほぐしていくのは、骨が折れる作業です。ですが、多くの投稿者が陥りがちなネームのパターンというのはあります。

「ほんで、オチは?」と言われるネームがそれです。

関西人と話していて、この言葉を投げかけられ、傷ついた人も多いでしょう。でも、誤解しないで欲しいのは、関西人は別に話にオチがないことを怒っているのではないのです。話の着地点が見えないのにイライラしてるのです。

 

■問題はオチではない■

そも、関西人がイライラするシャベリとは、「ボクは〇〇して、そしたらパパが●●して、そしたら今度はママが▲▲して、そしたら……」と、単調なパターンで読点(=、)繰り返され、句点(=。)がない会話です。

日本語の場合、伝統的に読点で繋いだ長い文章が高度な技法を駆使していると見なされる傾向があり、『好色一代男』などの著書で知られる江戸時代の井原西鶴など、センテンスが非常に長い文章で知られています。

この章も、わざと読点で繋ぐ文章にしていますが。

先年亡くなられた野坂昭如さんも、長い文章で知られており、『エロ事師たち』で鮮烈な文壇デビューされた時は「今西鶴」なんて呼ばれましたが、平安時代の『源氏物語』も、冒頭から長い文章が続きます。

いずれの御時にか、女御更衣あまたさぶらひたまひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれてときめきたまふありけり……って、源氏物語第一帖:桐壺の冒頭ですが、やっぱり長いですよね?

 

■問題は長短ではない■

はい、適度に句点を入れる文章に戻して。ライバルの清少納言の『枕草子』は逆に、「春はあけぼの(の時間帯が良い)」と、むしろ省略も大胆にスパッと短文。これは鎌倉時代の鴨長明『方丈記』も同じ。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」と、キレッキレ。

『平家物語』も「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」と簡潔で格調高く。松尾芭蕉の『奥の細道』は「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」ですし、夏目漱石『吾輩は猫である』は言わずもがな。

これらの人に共通するのは、和歌や俳句などの短い形式の詩文も得意としており、その地力のベースの上に、短文も長文も、自由自在に使いこなしてるのです。長文の方がどうしても目立ってしまいがちですけどね。

 

■美しさよりも正確さ■

そう、ネームも文章と同じで、まずは作者の言いたいことが伝わる、正確な文章を心がけるべきなのです。ところが、多くの作家志望者や漫画家志望者は、自分が好きな作家の文体や表現を、表層だけ真似ます。

そうではなくて、読みやすい・解りやすい文章や表現を心がけるべきで、上手いとか凄いとか言われるような文章を目指すと、上手くもなく凄くもなく、なおかつ装飾過剰な文章になってしまいがち。コレはネームも同じです。

 SV=主語+動詞
  I walk. 私は歩いた。
 SVO=主語+動詞+目的語
  I have a book. 私は持っている、本を。
 SVC=主語+動詞+補語
  I am fine. 私は元気な状態です。
 SVOO=主語+動詞+間接目的語+直接目的語
  I gave him a book. 私はあげた、彼に本を。
 SVOC=主語+動詞+目的語+補語
  I called the book a secret text. 私は呼んだ、その本を秘伝書と。

ああ、嫌なモノが出てきましたね。自分も英語が苦手だったので、この基本5文型が、大嫌いでした。嫌いすぎて、二浪もしちゃったぐらいですから。でも、解りやすい文章というのはけっきょく、この基本5文型と同じです。

ネームも「何がどうしてどうなった マル」を、読者に伝えるものですから。句点を打たれたところまでが、映画におけるシーンみたいなものと考えてみましょう。勘の良い人なら、このヒントでも読みやすいネームのポイントに気づくでしょう。

縦スクロールの時代こそ、句読点が大事です。その次が接続詞。

漫画家って、Twitterとか見ていても、短文で意味が通る文章を書く人が多いですね。漫画は映画やアニメより、小説に近い存在です。映画やアニメは客観表現であり、小説や漫画は主観表現ですから。漫画家は文章が上手いか、シャベリが上手いか、両方上手いか、そういうタイプが多い印象です。

 


この記事を読んだ方にお勧め、「Graphium(グラフィウム)School カレッジコース」受講受付中!


本コラム執筆者の喜多野先生が講師を務める「Graphium Schoolカレッジコース」は、実践を通して力をつけたいという方や、単発での講座を受講したいという方にぴったりのコースです。
MANZEMI作画プロフェッショナルコース漫画ネーム講座とあわせて、ぜひご参加ください。

記事一覧

第15回:出版社へ持ち込みの日に

■早すぎず・遅すぎず■ さて、予約もバッチリ、いよいよ上京して持ち込み当日。編集部に念のために事前の確認電話……は、してもしなくてもかまいません。編集者が不在のことも多いですし、急な予定変更もありますので。 当日は、いきなり出版社に行って、受付があり係がいる大きな出版社なら、編集部と予約した編集者、来訪目的を告げて、指...

第14回:出版社へ持ち込みの前に

■持ち込みと投稿の違い■ 「持ち込みと投稿と、どちらが良いですか?」と、よく聞かれます。出版社の90%が集中する東京へは、地方在住者は簡単には行けません。ですが、持ち込みのほうがメリットがたくさんあります。 投稿では数多くの投稿作の中で、群を抜いた面白さや個性がないと、なかなか担当が付くことはないですが、持ち込みで作品...

第13回:ペンネームの付け方 (3)

■オリジナルなペンネーム■ ペンネームは基本、自分の好きなように付ければ良いと思います。ただ、好きに付けろとなると、迷いが生まれるのもまた事実です。前回の各種パターンが参考になるでしょう。でも、誰にも似ていないペンネームは大事。 オリジナルでペンネームを付けるコツは何か? そんな人に、いくつか参考になるポイントはありま...

第12回:ペンネームの付け方 (2)

■ペンネームのいろいろ■ では、具体的にはペンネームには、どんなパターンがあるでしょうか? 以下に、代表的なパターンをいくつか書き出してみましょう。  ・本名をもじる  ・本名の文字を一部変える  ・他のモノにあやかる  ・ペンネーム自体が洒落  ・まったくのオリジナル 夏目漱石は夏目金之助が本名。名前に中国の故事成語...

第11回:ペンネームの付け方 (1)

■ペンネームは必要なのか?■ ペンネーム、日本語では筆名。投稿者やデビューを決めた人によく相談されるのが「ペンネームは付けるべきか否か?」という点。どちらでも良いと思いますが、自分はできれば付けた方が良い派です。 理由は多種多様です。 原作者の小池一夫先生は本名が俵谷星舟。ペンネームのほうが地味ですね。上條淳士先生は、...

第10回:各種作話メソッド

■優先順位■ ネームが出来ないというタイプの多くは、エンドマークが打てないタイプ。ゆえに、リニア・ネーム・メソッドで勢いで作品の全体像を吐き出すのが有効です。これで、全体の30%ぐらいは、ネームを取りあえず描けるようになります。 次に、話がいつまでも終わらないタイプ。これはラストシーンを先ず作って、そこから逆算して発端...

第09回:リニア・ネーム・メソッド

■主観表現と客観表現■ よく、「手塚治虫が漫画に映画の表現技法を採り入れた」と言われます。具体的に、どんな映画の表現技法を採り入れたかを、解説している漫画研究者を見た記憶はありませんが。それはともかく。 では、なぜ手塚治虫先生は映画の技法を採り入れたのか? その答えを書く前に、このコラムを読んでいる人に質問を。漫画が一...

第08回:原因と結果を探ろう

■適材適所と因果関係■ 前回のコラムを読んで、こう反論する大学や専門学校の講師、編集者も一定数いるでしょう。「プロットやシノプシスを作らせないと、いつまで経ってもネームが終わらない生徒がいるんです」と。 そういう生徒にプロットやシノプシスは本当に有効ですか? 100ページや200ページのネームを書いてなお、話にエンドマ...

第07回:ネーム以前のお話

■プロットとは何か?■ さて、ネームのコマ割りの具体的な技法とかは漫画ネーム講座で有料で教えているので、置いておいて。ネームを作るに当たっての、前段階について。前回まで紹介した方法とは、別のアプローチの方法もあります。 漫画の描き方入門とか、あるいは専門学校や大学の漫画学科で、ネームを描く前にプロットを書くことを奨める...

第06回:ネームは文章力

■実践する意志が大事■ さて、アニメの絵コンテ用紙を使用しても、三段組(三段割)のネーム用紙を使用しても、それ以外の用紙を使ってもかまいませんので、まずは実践が大事。技術は試行錯誤の中で、見つけることがよくあります。 他人に教えてもらった技術や方法論よりも、自分で苦労して発見した技術や方法論のほうが、喜びも大きいです。...

第05回:平均コマ数の話

■ケース・バイ・ケース■ 話が前後しましたが、ネームの描き方についての、具体的なポイントを書いてゆきます。第4回を飛ばして、第3回から続けて読んでいただければ、理解が早いでしょう。 さて、コマ割りに関して。3段割(3段組)のコマ割り用紙を自分は推奨していますが、「漫画は3段割が良いのか4段割が良いのか、どっちですか?」...

第04回:ネームの基本の基本

■片面だけ描くネーム■ 前回、ネームについて具体的に書きましたが、「見開き単位で絶対に描かないといけないのですか?」とか「裏に描いてもいけないんですか?」という質問を、いただきました。 そこから……ですか。OK、了解です。 もし本気で漫画家になろうとか、趣味としても真剣に取り組もう思ったら、調べれば解ることだとは思うの...

第03回:ネーム制作とコマ割り

■コマが割れない人■ さて、3回目にして技術的な話をちょこっとします。どうやったらネームが描けるか、というのはケースバイケースで、簡単には答えられないというのを前提として、よくあるパターンについて。 コマ割りについて第1回で、コマ割りができないアニメーターの話をしました。でもこの人、逆にアニメの絵コンテは作成することが...

第02回:漫画家はスポーツマンと同じ

■数字で考えてみる■ トキワ荘プロジェクトのアンケートでは、プロになった漫画家の33%が100ページ以内の投稿作品の作画量でデビューしています。投稿規定は30ページですから、だいたい3本ぐらい。 プロになる人間は投稿2本目や3本目でデビューする人が3人に1人。 これが200ページ以内に拡げると、デビュー率はさらに60%...

第01回:ネームを描く前に考えるべきこと

■解らないが解らない■ ‪「ネームの描き方がわかりません」と、投稿者から相談されることが、よくあります。こういう質問には、困ってしまいます。一口にネームの描き方といっても、その意味するところは人それぞれですから。  ・ネームという言葉の意味することが解らないのか?  ・単純に画力の不足言ってるのか?  ・内容の発想が不...