第05回:平均コマ数の話
« 記事一覧へ

第05回:平均コマ数の話

By mogura

■ケース・バイ・ケース■

話が前後しましたが、ネームの描き方についての、具体的なポイントを書いてゆきます。第4回を飛ばして、第3回から続けて読んでいただければ、理解が早いでしょう。

さて、コマ割りに関して。3段割(3段組)のコマ割り用紙を自分は推奨していますが、「漫画は3段割が良いのか4段割が良いのか、どっちですか?」という質問を、良く受けます。

それは構成によって変わるとしか言えません。

まずは3段割でネームを切った上で全体のバランスを観て、適宜4段割に構成し直すのが良いでしょう。4段割から3段割だと、コマの上下が狭くなりすぎるので、自分は推奨しませんが、やりやすいならどっちでも良いです。

 

■ジャンプの平均コマ数■

数年前の集計ですが、週刊少年ジャンプの1ページの平均コマ数は6コマ、セリフ数は10コマと集計した人がいます。大変な労作。もちろんコレは平均値で、4コマの作家も8コマの作家もいます。

 【倩 ジャンプ連載作品のコマ数・セリフ数まとめ】

 http://psychobind.blog57.fc2.com/blog-entry-385.html

ただ、多くの漫画家が平均5コマから7コマのあたりに集中しています。小学館の新人コミック大賞のページでは、1ページ8コマを超えない方が良いとアドバイスさえしています。

 【小学館新人コミック大賞 まんが家養成講座】

 http://shincomi.shogakukan.co.jp/training/004.html

自分が推奨する3段割で見開きというネームの形式は、この平均6コマという数字とも合致します。つまりネーム用紙2ページで、完成原稿では1ページ分のネームを切る感覚ですね。

コマ割りを気にせず、頭に浮かぶシーンを書き留める感覚で。

いきなり完成度の高いネームを切る(描く)のではなく、まずはネームのネームを作るぐらいの心構えで、書き出すのが良いでしょう。トッププロではないのですから。

 

■手塚治虫の平均コマ数■

もっとも、昔の漫画(昭和の時代の漫画、特に40年代)はやたらと細かくコマを割っていた印象がありますし、4段割どころかもっと細かい漫画もあったような印象です。

そこで、昭和24年(1949年)に発表された、手塚治虫先生の『メトロポリス』という作品を開いてみると、ほとんどのページが3段割か4段割で、意外とコマが大きい印象です。

物語のラスト34ページは全部で132コマ、1ページ平均で3.88コマです。なんと、現代の週刊少年ジャンプの平均値より、ずっと少ない平均コマ数で、逆に驚きました。

ちなみに1ページ平均でちょうど3段割でした。

手塚治虫先生の伝説の初期作品『新宝島』は、現在のワイド4コマに近いコマ割りで、ときどき3コマや2コマのページが入る形で、ラスト34ページは119コマ、平均3.5コマでした。

 

■神様はコマ数が増えた■

ちなみに、『新宝島』は昭和22年(1947年)の発表ですから、2年ほどで手塚治虫先生の漫画の表現が『メトロポリス』で大きく変わっていますが、平均コマ数はさほどでもありません。

ところが、同じ手塚治虫先生の『どろろ』の最終話「ぬえの巻」では、扉ページを除くと34ページで213コマあります。最終話なので大ゴマも多いのですが、1ページ平均6.264コマでした。こちらは昭和44年(1969年)に最終話発表。

34ページは『どろろ』に合わせた数字です。

後期の代表作『ブラック・ジャック』の最終話「オペの順番」は24ページで174コマ、1ページ平均7.25コマ。発表は昭和58年(1983年)です。手塚先生、一貫してコマ数が増えています。

 

■コマ数が減った劇画家■

小池一夫原作・小島剛夕作画の『子連れ狼』の第1話は30ページで168コマ、1ページ平均5.6コマ。これが最終話の後編は30ページで84コマ、1ページ平均2.8コマに激減しています。

紙芝居作家から漫画家になった小島剛夕先生は、初期は4段割のコマ割りで、途中から3段割が多くなった印象です。平均コマ数が増えた手塚先生と、逆に減った小島先生の対比が興味深いです。

ちなみに手塚先生と小島先生、生年月日がまったく同じです。

興味深いのは、小池一夫先生門下の劇画村塾出身者。3段割がメインの漫画家が多いようです。これは、テキストに小島先生の作品を使うことが多かったためではないか……とは鍋島雅治先生の推測。

 

■右3と左4の段組み術■

ライターとして、漫画の入門書などの原案を執筆することが多い飯塚裕之さんの著書では、右ページを3段割に、左ページを4段割にした方が良いとアドバイスされています。

『入門百科+ プロの技全公開!まんが家入門』

https://amzn.to/2tonx2s

両ページを3段割や4段割にすると、コマ割りが単調になりがちですから、一理ある指摘です(右4左3もあり)。そういえば、ある編集部の公式Twitterで、見開き三段組みのコマ割りに疑義を呈して話題になっていました。

編集部の感覚的なものを、上手く言語化できていなくて、誤解や混乱を呼ぶ内容だなぁと思ったものです。現実的には、読む順番がわからないメチャクチャなコマ割りが、投稿者の初期状態です。

一歩レベルアップした状態が見開き三段組みのコマ割りです。

そこからさらに演出として、コマ割りに変化を付けるために大ゴマや変形コマを加えていくのですが、担当が付かない段階でそこまで思いが至るのは、かなりの素質が必要です。

 

■演出は後回しにしよう■

大ゴマや変形ゴマは、ただなんとなくとか、バランスを観て適当に入れるものではないです。でも、多くの編集者は、ではどのタイミングで大きくするか・変形させるか・裁ち切りにするか、理論がない。

「迫力を出したいコマ大きくするだけじゃん」という人もいますが、ちばてつや先生は大事なシーンはあえて小さなコマで描いてるという、森川ジョージ先生の指摘もありましたね。

どこで大きくして、どこを小さくするかの法則性や理論がないと、なんでもかんでもコマを大きくしたり、全ページを裁ち切りにしたり、顔アップが続く暑苦しい作品になってしまいがちです。

コマ割りの演出ができるのは、実は特別な才能です。

演出は後回しにして、先ずはアニメの絵コンテ的にネームを切り、その上で演出を検討していた方がいいよというのが、このコラムで一貫して主張していることです。

 

基本ができていないのに、応用を求めてもしょうがないです。まずは見開き三段組のオーソドックスなコマ割りで、内容がちゃんと読者に伝わることが優先です。派手なコマ割り、平凡に如かず。ということで、次回は演出としてのコマの詰めかたの基本をチョビっと。

※記述に一部ミスが有りましたので、修正しました。ミスや勘違いは随時訂正しておりすので、ご指摘いただければありがたいですm(_ _)m

 


この記事を読んだ方にお勧め、「Graphium(グラフィウム)School カレッジコース」受講受付中!


本コラム執筆者の喜多野先生が講師を務める「Graphium Schoolカレッジコース」は、実践を通して力をつけたいという方や、単発での講座を受講したいという方にぴったりのコースです。
MANZEMI作画プロフェッショナルコース漫画ネーム講座とあわせて、ぜひご参加ください。

記事一覧

第15回:出版社へ持ち込みの日に

■早すぎず・遅すぎず■ さて、予約もバッチリ、いよいよ上京して持ち込み当日。編集部に念のために事前の確認電話……は、してもしなくてもかまいません。編集者が不在のことも多いですし、急な予定変更もありますので。 当日は、いきなり出版社に行って、受付があり係がいる大きな出版社なら、編集部と予約した編集者、来訪目的を告げて、指...

第14回:出版社へ持ち込みの前に

■持ち込みと投稿の違い■ 「持ち込みと投稿と、どちらが良いですか?」と、よく聞かれます。出版社の90%が集中する東京へは、地方在住者は簡単には行けません。ですが、持ち込みのほうがメリットがたくさんあります。 投稿では数多くの投稿作の中で、群を抜いた面白さや個性がないと、なかなか担当が付くことはないですが、持ち込みで作品...

第13回:ペンネームの付け方 (3)

■オリジナルなペンネーム■ ペンネームは基本、自分の好きなように付ければ良いと思います。ただ、好きに付けろとなると、迷いが生まれるのもまた事実です。前回の各種パターンが参考になるでしょう。でも、誰にも似ていないペンネームは大事。 オリジナルでペンネームを付けるコツは何か? そんな人に、いくつか参考になるポイントはありま...

第12回:ペンネームの付け方 (2)

■ペンネームのいろいろ■ では、具体的にはペンネームには、どんなパターンがあるでしょうか? 以下に、代表的なパターンをいくつか書き出してみましょう。  ・本名をもじる  ・本名の文字を一部変える  ・他のモノにあやかる  ・ペンネーム自体が洒落  ・まったくのオリジナル 夏目漱石は夏目金之助が本名。名前に中国の故事成語...

第11回:ペンネームの付け方 (1)

■ペンネームは必要なのか?■ ペンネーム、日本語では筆名。投稿者やデビューを決めた人によく相談されるのが「ペンネームは付けるべきか否か?」という点。どちらでも良いと思いますが、自分はできれば付けた方が良い派です。 理由は多種多様です。 原作者の小池一夫先生は本名が俵谷星舟。ペンネームのほうが地味ですね。上條淳士先生は、...

第10回:各種作話メソッド

■優先順位■ ネームが出来ないというタイプの多くは、エンドマークが打てないタイプ。ゆえに、リニア・ネーム・メソッドで勢いで作品の全体像を吐き出すのが有効です。これで、全体の30%ぐらいは、ネームを取りあえず描けるようになります。 次に、話がいつまでも終わらないタイプ。これはラストシーンを先ず作って、そこから逆算して発端...

第09回:リニア・ネーム・メソッド

■主観表現と客観表現■ よく、「手塚治虫が漫画に映画の表現技法を採り入れた」と言われます。具体的に、どんな映画の表現技法を採り入れたかを、解説している漫画研究者を見た記憶はありませんが。それはともかく。 では、なぜ手塚治虫先生は映画の技法を採り入れたのか? その答えを書く前に、このコラムを読んでいる人に質問を。漫画が一...

第08回:原因と結果を探ろう

■適材適所と因果関係■ 前回のコラムを読んで、こう反論する大学や専門学校の講師、編集者も一定数いるでしょう。「プロットやシノプシスを作らせないと、いつまで経ってもネームが終わらない生徒がいるんです」と。 そういう生徒にプロットやシノプシスは本当に有効ですか? 100ページや200ページのネームを書いてなお、話にエンドマ...

第07回:ネーム以前のお話

■プロットとは何か?■ さて、ネームのコマ割りの具体的な技法とかは漫画ネーム講座で有料で教えているので、置いておいて。ネームを作るに当たっての、前段階について。前回まで紹介した方法とは、別のアプローチの方法もあります。 漫画の描き方入門とか、あるいは専門学校や大学の漫画学科で、ネームを描く前にプロットを書くことを奨める...

第06回:ネームは文章力

■実践する意志が大事■ さて、アニメの絵コンテ用紙を使用しても、三段組(三段割)のネーム用紙を使用しても、それ以外の用紙を使ってもかまいませんので、まずは実践が大事。技術は試行錯誤の中で、見つけることがよくあります。 他人に教えてもらった技術や方法論よりも、自分で苦労して発見した技術や方法論のほうが、喜びも大きいです。...

第05回:平均コマ数の話

■ケース・バイ・ケース■ 話が前後しましたが、ネームの描き方についての、具体的なポイントを書いてゆきます。第4回を飛ばして、第3回から続けて読んでいただければ、理解が早いでしょう。 さて、コマ割りに関して。3段割(3段組)のコマ割り用紙を自分は推奨していますが、「漫画は3段割が良いのか4段割が良いのか、どっちですか?」...

第04回:ネームの基本の基本

■片面だけ描くネーム■ 前回、ネームについて具体的に書きましたが、「見開き単位で絶対に描かないといけないのですか?」とか「裏に描いてもいけないんですか?」という質問を、いただきました。 そこから……ですか。OK、了解です。 もし本気で漫画家になろうとか、趣味としても真剣に取り組もう思ったら、調べれば解ることだとは思うの...

第03回:ネーム制作とコマ割り

■コマが割れない人■ さて、3回目にして技術的な話をちょこっとします。どうやったらネームが描けるか、というのはケースバイケースで、簡単には答えられないというのを前提として、よくあるパターンについて。 コマ割りについて第1回で、コマ割りができないアニメーターの話をしました。でもこの人、逆にアニメの絵コンテは作成することが...

第02回:漫画家はスポーツマンと同じ

■数字で考えてみる■ トキワ荘プロジェクトのアンケートでは、プロになった漫画家の33%が100ページ以内の投稿作品の作画量でデビューしています。投稿規定は30ページですから、だいたい3本ぐらい。 プロになる人間は投稿2本目や3本目でデビューする人が3人に1人。 これが200ページ以内に拡げると、デビュー率はさらに60%...

第01回:ネームを描く前に考えるべきこと

■解らないが解らない■ ‪「ネームの描き方がわかりません」と、投稿者から相談されることが、よくあります。こういう質問には、困ってしまいます。一口にネームの描き方といっても、その意味するところは人それぞれですから。  ・ネームという言葉の意味することが解らないのか?  ・単純に画力の不足言ってるのか?  ・内容の発想が不...