第04回:ネームの基本の基本
« 記事一覧へ

第04回:ネームの基本の基本

By mogura

■片面だけ描くネーム■

前回、ネームについて具体的に書きましたが、「見開き単位で絶対に描かないといけないのですか?」とか「裏に描いてもいけないんですか?」という質問を、いただきました。

そこから……ですか。OK、了解です。

もし本気で漫画家になろうとか、趣味としても真剣に取り組もう思ったら、調べれば解ることだとは思うのですが。小学生がここを読む可能性も考えて、ザックリ説明しますね。

まず、ネームは用紙の片側に描いてください。表にと書くと、どっちが用紙の表ですかと、聞かれそうなので。なぜ裏側に描いてはいけないかと言えば、ネームは漫画の設計図ですから。

裏側にまでネームを描くと、裏側が透けて見えて読みづらいことが多いですし、編集との打合せや推敲の結果、修正を加えるときに、イロイロと面倒くさいことになります(詳細は後述します)。

また、ネーム用紙はコマ割りがしやすいように補助線などが印刷された専用のモノも市販されていますが、自分が描きやすいものでかまいません。コピー用紙でもかまいませんが、破れやすいモノは避けましょう。

 

■ネーム用紙の使い方■

用紙を横にして、見開き単位で描くのを推奨しますが、一枚の用紙に1ページでネームを切る(描く)プロの漫画家も一定数います。想定される掲載先が紙かWebかでも、そこは変わります。

自分で描きやすい方を選択してください。

ただ、雑誌や電子書籍での発表が前提なら、見開き単位で描いた方が、コマ割りのバランスを俯瞰(高い視点から見おろすこと)できるので、便利です。また、演出も見開き単位で考えた方が便利です。

編集者に見せるときは、右上をクリップなどで止めて、渡すのが良いでしょう。ホッチキスで留めると、安定感は増しますが、複数ページを並べて検討するときに、かえって不便です。

例えば、作品の終盤のエピソードを思い切って前半に持ってくるとか、大胆な構成の見直しをする場合など、ホッチキスで止めてあると指示が面倒ですし、ネーム用紙も破損しがちですから。

 

■各稿のネームを残す■

打合せの時は、手書きのネームを2部ずつコピーしておき、コピーしたモノを自分と編集者で検討しながら、修正点や検討点を書き込んで、原本は残しておいた方が良いです。

打ち合わせでいったん、こういう形に修正してみようと決まっても、実際に修正してみたらかえって悪くなることはよくある話。そんなときのために、原本は残しておいた方が、手間が減ります。

また、コピーしたときに、セリフが端のギリギリに書いてあると、コピーした時の状況によっては見切れることもよくあります。上下左右の縁(へり)には、1センチ前後の余白を持たせましょう。

ネームひとつでも、イロイロと注意点があるでしょ?

ページ番号を振るのも忘れずに。できれば、各ページの下方、真ん中に書きましょう。右端や左端でも良いのですが、端っこはめくれて丸まったり、破れてちぎれたり、手脂でこすれて読みづらくなりがちです。

 

■ポストイット活用法■

打合せなどで修正が入る場合、その場合の修正方法はイロイロとあります。それぞれの作家さんが工夫していますので、いくつか紹介しますが、自分に合った方法を見つけるのが大事です。

部分的な修正の場合は、簡単な書き込みですます漫画家が多いのですが、大きな修正の場合は大型のポストイットを貼って、そこに修正案の絵やセリフを書き込む漫画家もいます。

付箋(ふせん)として生まれたポストイットは、現在はいろんな形や大きさのモノが発売されていますから、自分のネーム用紙やコマ割りの大きさに合わせて、最適なタイプを選びましょう。

ネーム用紙の6分の1ぐらいの大きさが便利です。

ポストイットで修正の利点は、はがしやすく、はがせば元の案をすぐに見ることができる点でしょうか。大きな文房具店がない地方在住の方は、Amazonや楽天でを利用しましょう。

 

■切り貼りネーム作成■

別な漫画家さんは、打ち合わせにネーム用紙に使っているコピー用紙と、ハサミとホチキスを用意していました。

打ち合わせで内容を検討し、そのまま使うコマは切り取って真っ白な紙を台紙にして、ホッチキスで貼り付けていました。で、修正するコマは白い台紙に直接描き込みます。

前回のコラムで紹介した三段割りのネーム用紙というのは、こういうやり方のネーム修正にも便利です。コマの上下の幅をネーム段階では統一しておくと、切り貼りがかなり楽になります。

実際の下書きでは、コマの上下幅は演出に併せて変化させます。

また、こういう使い方だと、ネーム用紙の裏にも描くのがダメな理由も、解りますよね? 裏まで描いてしまったら、切り貼りができません。ポストイットが増えすぎて、はがれやすくなります。

 

■書き込みの基準は?■

もちろん、手の早い作家さんだと、打ち合わせのその場でガンガン書き起こす人もいます。そこは、自分に合った方法がベストですから、試行錯誤して見つけるのが重要です。

最近の編集者では、下書き並みに表情や背景を描き込んでいないと、打合せができないタイプが増えているようです。ですが、それはコマ割りの文法が解っていないからです。

できる編集者はコマ割り線と吹き出しとセリフさえあれば、打合せが可能です

実際、吹き出しとセリフと枠線だけのネームを、打合せ用としてTwitterにアップしていた作家さんもいましたし、特殊なことではないです。自分も編集者時代、そういうネームで打ち合わせは普通でした。

そこまで極端でなくても、例えば “野間美由紀 ネーム” で画像検索すれば、野間美由紀先生のネームを見ることができます。コレぐらいの簡単な書き込みでも充分です。

 

■想像力の翼を鍛える■

ついでに、 “高橋留美子 ネーム” で検索すれば、高橋留美子先生の『うる星やつら』や『犬夜叉』のネームも拝見できます。かなり描き込んでありますが、下書きに使えるクオリティでしょう。

実際、週刊誌の連載作家は、時間短縮のためにネームを拡大コピーして、トレース台を使ってそのまま下書きに使う人もいます。ここら辺は、連載の形態にも左右されますので、注意が必要です。

逆に言えば、高橋留美子先生以上の書き込みをネームに求める編集者は、ちょっと想像力に問題があります。落語やラジオドラマを数多く聞いて、想像力を鍛える地道な努力をしてほしいものです。

ネーム講座に参加すれば、一発解決ですが(宣伝)。

当講座のOBでもあるカメントツくんが、編集者にこそネーム講座を受けて欲しいというのは、編集の側がコマ割りの文法が解っていないと、作家の負担が増えて無駄が増えるからという側面もあります。

 

基礎の基礎を書いてたら、あっという間にページが埋まってしまいました。できれば、今回書いた内容は、試行錯誤で見つけて欲しいレベルです。次回は、具体的なコマ割りの基本的なことを書く予定です(予定は未定にして決定にあらず)。

記事一覧

第11回:ペンネームの付け方❶

■ペンネームは必要なのか?■ ペンネーム、日本語では筆名。投稿者やデビューを決めた人によく相談されるのが「ペンネームは付けるべきか否か?」という点。どちらでも良いと思いますが、自分はできれば付けた方が良い派です。 理由は多種多様です。 原作者の小池一夫先生は本名が俵谷星舟。ペンネームのほうが地味ですね。上條淳士先生は、...

第10回:各種作話メソッド

■優先順位■ ネームが出来ないというタイプの多くは、エンドマークが打てないタイプ。ゆえに、リニア・ネーム・メソッドで勢いで作品の全体像を吐き出すのが有効です。これで、全体の30%ぐらいは、ネームを取りあえず描けるようになります。 次に、話がいつまでも終わらないタイプ。これはラストシーンを先ず作って、そこから逆算して発端...

第09回:リニア・ネーム・メソッド

■主観表現と客観表現■ よく、「手塚治虫が漫画に映画の表現技法を採り入れた」と言われます。具体的に、どんな映画の表現技法を採り入れたかを、解説している漫画研究者を見た記憶はありませんが。それはともかく。 では、なぜ手塚治虫先生は映画の技法を採り入れたのか? その答えを書く前に、このコラムを読んでいる人に質問を。漫画が一...

第08回:原因と結果を探ろう

■適材適所と因果関係■ 前回のコラムを読んで、こう反論する大学や専門学校の講師、編集者も一定数いるでしょう。「プロットやシノプシスを作らせないと、いつまで経ってもネームが終わらない生徒がいるんです」と。 そういう生徒にプロットやシノプシスは本当に有効ですか? 100ページや200ページのネームを書いてなお、話にエンドマ...

第07回:ネーム以前のお話

■プロットとは何か?■ さて、ネームのコマ割りの具体的な技法とかは漫画ネーム講座で有料で教えているので、置いておいて。ネームを作るに当たっての、前段階について。前回まで紹介した方法とは、別のアプローチの方法もあります。 漫画の描き方入門とか、あるいは専門学校や大学の漫画学科で、ネームを描く前にプロットを書くことを奨める...

第06回:ネームは文章力

■実践する意志が大事■ さて、アニメの絵コンテ用紙を使用しても、三段組(三段割)のネーム用紙を使用しても、それ以外の用紙を使ってもかまいませんので、まずは実践が大事。技術は試行錯誤の中で、見つけることがよくあります。 他人に教えてもらった技術や方法論よりも、自分で苦労して発見した技術や方法論のほうが、喜びも大きいです。...

第05回:平均コマ数の話

■ケース・バイ・ケース■ 話が前後しましたが、ネームの描き方についての、具体的なポイントを書いてゆきます。第4回を飛ばして、第3回から続けて読んでいただければ、理解が早いでしょう。 さて、コマ割りに関して。3段割(3段組)のコマ割り用紙を自分は推奨していますが、「漫画は3段割が良いのか4段割が良いのか、どっちですか?」...

第04回:ネームの基本の基本

■片面だけ描くネーム■ 前回、ネームについて具体的に書きましたが、「見開き単位で絶対に描かないといけないのですか?」とか「裏に描いてもいけないんですか?」という質問を、いただきました。 そこから……ですか。OK、了解です。 もし本気で漫画家になろうとか、趣味としても真剣に取り組もう思ったら、調べれば解ることだとは思うの...

第03回:ネーム制作とコマ割り

■コマが割れない人■ さて、3回目にして技術的な話をちょこっとします。どうやったらネームが描けるか、というのはケースバイケースで、簡単には答えられないというのを前提として、よくあるパターンについて。 コマ割りについて第1回で、コマ割りができないアニメーターの話をしました。でもこの人、逆にアニメの絵コンテは作成することが...

第02回:漫画家はスポーツマンと同じ

■数字で考えてみる■ トキワ荘プロジェクトのアンケートでは、プロになった漫画家の33%が100ページ以内の投稿作品の作画量でデビューしています。投稿規定は30ページですから、だいたい3本ぐらい。 プロになる人間は投稿2本目や3本目でデビューする人が3人に1人。 これが200ページ以内に拡げると、デビュー率はさらに60%...

第01回:ネームを描く前に考えるべきこと

■解らないが解らない■ ‪「ネームの描き方がわかりません」と、投稿者から相談されることが、よくあります。こういう質問には、困ってしまいます。一口にネームの描き方といっても、その意味するところは人それぞれですから。  ・ネームという言葉の意味することが解らないのか?  ・単純に画力の不足言ってるのか?  ・内容の発想が不...