Graphium School カレッジコース

カレッジコースとは

実戦的な演習型専門講座

Graphium School カレッジコース(通称:カレッジコース)では、演習特化型の専門講座群を提供します。年間30回以上の開催を予定している専門講座においては、指導の密度を重視すると共に、既存のネーム・作画講座ではカバーしきれない専門領域を単科講座として受講可能にします。

大好評コラム「漫画ネームの心得」を執筆する喜多野土竜講師をはじめ、優れた見識を持つ講師陣が、「コマ割り」「ネーム力向上」など様々な視点で講義を展開します。また、受講者からの希望も多い人体作画など、新たな領域の講座も提供していく予定です。

MANZEMI基礎講座と異なり、カレッジコースでは1講座単位で受講が可能です。ただし、11講座セット以上を購入された受講者には総合プログラム受講証を発行し、シングルチケット参加者では得られないサービスを受けることができます。

専用SNSを通じ、講師・スタッフと共に、参加者各自の目標を設定します。その後、進捗報告と確認、遠隔指導を繰り返し行うことで、独力では難しいそれぞれのペースに合った能力開発をサポートします。(総合プログラム受講者限定)

講座修了後にオフィスアワーを設定し、講師のネーム添削指導等の個別相談を対面で受けられる時間を設けます。(総合プログラム受講者限定)

マンガ業務のあっせん紹介サービス「Graphium Works」の受託業務を優先してご紹介していきます。事前に登録をしていただき、発注企業の要件に合う場合に業務をご紹介します。(総合プログラム受講者限定)

 

受講システム

一回単位で受講できるシングルチケットと、まとめて買えるプログラム回数券があります。
※シングルチケットのみの場合は、上記の特典がありませんのでご注意ください。

  • 表記価格はすべて税別です。
  • 購入後のキャンセルはお受けできませんのであらかじめご了承ください。
  • 購入・キャンセル規定についてはGraphium Schoolカレッジコース利用規約をご確認ください。
  • 1講座につきチケットが1枚必要になります。
  • 今なら講義開催日前日までのプログラム回数券のお申し込みであれば、振込確認のご連絡前であっても講座への出席が可能です。その場合は、回数券お申し込みの際に「直近開催の講座で予約を希望するもの」にチェックを入れてお申し込みください。
  • ご不明点があれば、お問い合わせフォームまたはメール(tokiwaso@newvery.jp)にてお問い合わせください。

     

 

講座概要

  • 名称:Graphium School カレッジコース
  • 対象:一定レベルの実力を持つマンガ家志望者
  • 初回開始日:2018年9月30日
  • 開催頻度:月1~2回程度(月末日曜日2コマ+平日夜1コマ開講予定)
  • 開催場所:東京23区内(山手線沿線エリアで開催予定)
  • 講師:喜多野土竜(メイン講師)、その他外部講師の登壇を予定

講座の仕様詳細はこちら 

スケジュール

講義前日までの購入お申し込みで、翌日の講義に参加可能です。
※日曜日の講座2コマを両方とも受講する場合はチケットが2枚が必要となります。

1.近日開講の講座

10/28(日)13:30~15:40
【一行シチュエーション作話演習】
他人が出した一行シチュエーションからお話を考える演習を行います。他人からアイディアをもらうことで、自分では考えつかないシチュエーションから発想することで創作の幅を広げていきます。限定空間での長回しショートコントや三谷幸喜的なシットコム(シチュエーションコメディ)や、発展編として二単語による作話もチャンレンジします。

10/28(日)15:50~18:00
【艶怖泣笑の作話演習~読者が「エロい」「怖い」「泣ける」「笑える」と感じる話を創る】
副題どおり、読者が「エロい」「怖い」「泣ける」「笑える」と感じる4タイプの話を創る演習を行います。
(1)艶〜エロい掌編を描く:エロティシズムを把握
(2)怖〜怖い掌編を描く:フォビアを把握
(3)泣〜泣ける掌編を描く:琴線を把握
(4)笑〜笑える掌編を描く:笑いのツボを把握
作品のテーマから考えるのではなく、読者にどう感じて欲しいかを定めてお話を創ります。

2.今後開講予定の講座

2018年開講講座(予定)

  • 11/15(木)19:30-21:40「ゲスト講師(予定)講義」
  • 11/25(日)13:30-15:40「ネオ三題噺作話術」
  • 11/25(日)15:50-18:00「欲驚嫌悦の作話術」
  • 12/14(金)19:30-21:40「乗り物パニック作話術」
  • 12/23(日)13:30-15:40「調整中(後日公開)」
  • 12/23(日)15:50-18:00「調整中(後日公開)」

※タイトルは全て仮題となります。

2019年の開講スケジュールはこちら 

受講の流れ(回数券購入の場合)

 

申し込み方法

必ず事前に利用規約をご確認ください。

1.シングルチケット購入を希望の方

お支払い方法:クレジットカード決済、コンビニ決済

 

2.プログラム回数券購入を希望の方

お支払い方法:銀行振り込み

   

担当講師

喜多野 土竜(きたの もぐら)

マンガ原作者・編集者。複数メンバーによる共同ペンネーム。今回講師を務めるメインライターは1993年青山学院大学文学部日本文学科卒業。出版社に10年と2ヶ月勤務後、独立してフリーに。マンガ原作以外にも月刊少年ライバルの企画記事ページ『ライバルドリームマッチ』のページや、『東京近郊動物園・水族館ガイド』などのガイド本の執筆参加や、『世界の王朝興亡史』など歴史関係書籍の執筆や、『時代小説100選』で時代小説の解説を一部執筆。2011年より京都嵯峨芸術短期大学マンガ分野非常勤講師。MANZEMI基礎講座講師。

注意事項

  • チケット・回数券の購入後のキャンセルはお受けしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 講義の各回には最少催行人数を設けます。予約者数が最低催行人数に達しない場合は講座を開講しない場合があります。(シングルチケットについては払い戻しを行い、回数券の予約分は未消費として取扱います)
  • 講義の各回には定員があります。定員を超えた場合には、回数券を保有している受講者でも受講できない場合がありますのであらかじめご了承ください。なお各回においては先着順で予約を受け付ける予定です。
  • オフィスアワーでの講師の対面指導は各回人数を限定して行います。全ての希望者が対応できない場合があります。
  • 総合プログラム受講者の特典サービスは、各回数券の定める有効期限の期限内で有効とします。
  • 総合プログラム受講者の特典サービスは、その内容、種類、頻度等につき、予告なく変更をする場合があります。
  • その他詳細なルールについてはGraphium School カレッジコース利用規約をご確認ください。

法令表記

利用規約

運営団体のNEWVERYと受講者の皆さんとの間の権利関係を定めたものです。

特定商取引法に基づく表記

電子商取引に関する主要な条件を定めたものです。

 


ネーム制作やマンガ制作全般に関する姿勢、考え方というものを、カレッジコースメイン講師の喜多野土竜講師が解説しているコラムです。どういう考えでこの講座に取り組んでいるのかを、ぜひご確認ください。

4枚絵作話術